定額動画配信サービスを比べてみよう。 netflix編

今回試してみたのはネットフリックス―NETFLIX-
プランは月額650円税抜きから1450円までユーザーの使い方によって値段を選べるありがたい設定になっています。
まずは無料お試し中は一番お高いプレミアムプランにしてみました。
wimaxのハイスピードにするとさすがに4Kは無理ですが超綺麗な映像で動画を楽しめました。
動物の毛皮のふらっふぃー感半端ない!!

映像コンテンツの数などはFuluやdtvほどではなくこれっといった特徴を乱すのが難しい感じでした。
でも色々見てみるとフルハウスの29年後のフラーハウスやマルコポーロなどオリジナル配信のドラマや
Cookedなどのドキュメンタリーがおもしろい!
オリジナル配信ではないようですがその他のドキュメンタリーも私にはたまらないものが多かったです。
例えば、スタートレックのカーク船長が他の船長たちに会いに行くThe Captains、バットトゥザフューチャーのアメリカでのイベントの様子などを収めたBack in the Time、あのアタリ社に何があったかを追うATARI:GAME OVERなど名前を見ただけでワクワクする動画が集められていて、私的にはたまりません!

そして大好きなコメディであるThe big bang theoryももちろんあります!
ただ、残念なことにシーズン6まででした。(のちにシーズン7も配信しているFuluと最後まで正式加入を悩む原因になる)
あとThe Dictatorという映画。これタイトルだけではじめアフリカとかの悲しい映画(ホテルルワンダとかラスト キング オブ スコットランドとか)だと思っていたのですがあるときジャンル検索していたら「Satires」に!!もしやコメディなのか?と思ってみてみたら、あの迷作「ボラット」のサシャ・バロン・コーエン主演の作品でした!!そしてコメディだけどしっかりと民主制に対しての風刺も効いていました。こちらもぜひネットフリックスに加入したら見てみてほしいです。

しかし、ネットフリックスのすごさは字幕。視聴中に日本語音声や英語音声(その他言語が用意されていればそちらも)の切り替え、字幕なしや英語字幕や日本語字幕(その他言語が用意されていればそちらも)の切り替えが可能。しかも大抵の海外コンテンツには英語字幕が用意されているので英語を学習する人に最適です。しかもこの英語字幕はもともと現地で耳が不自由な人などが利用するようにCC(クローズドキャプション)使用になっているので、この音ってこう表現するんだということも勉強できます。
そして切り替えがしやすいので、日本語字幕で見ていてあれ?今なんて言った?と思ったときは巻き戻しボタンで戻り英語字幕に切り替えてもう一度見ることがとても容易にできます。

あとこれは学習に役立つのかわかりませんが日本語音声英語字幕といった謎の組み合わせもできます。

オタクな私は勉強だけしているとおかしくなってくるので
気晴らしにアニメを見るのですがその時に英語字幕を流しておくと
こういうセリフの時はこういう英語になるんだとか意外と勉強になったります。
特に私のように日本語→英語にすることが極端に下手な奴にはいいかもしれません。

そして、総合的に自分にあっているネットフリックスに正式加入することにしました。
ただ、視聴するのは基本的に私一人なので一番安いプランに変更しました。

そしてお試し期間が終了して、一番安いプラン(高いプランから安いプランにするのは次の課金日になるまで切り替えられません。逆は常時変更できる)にしたのですが、映像品質が高いプランの時と変わらない。もしかして今までもSD画質だったのかな?
でも、Fuluよりも画質がいいです。なにか根本的なものが違うようです。

まとめると
 Netflixの良いところ
・価格を自分に合わせて選べる。(一番安いプランでもFuluより画質が良かった。)
・英語字幕が多い。日本語音声+英語字幕もできる。
・androidアプリは安定して使える。(iosのほうはすぐにログイン情報を忘れたり何となく不安定)
・なんだか最近アニメが増えてきた。
・日本オリジナルコンテンツは今後に期待。
・作品数は少しづつ増えている。
・とにかく画質が良い。

気に入らないところ
・作品数やジャンルが他と比べると少ない。
・ソフトバンクの資本が入っている。(ソフトバンクは優良コンテンツを使いこなせず捨てることが多い。)

こんな感じでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA