体重計を新調しました

ダイエットをはじめて早いもので10ヶ月が経ちました。
あと2ヶ月で一年かぁ(^_^;)
現在の成果は-5キロです。

この数字は夏には達成していたのですがその後サボったりでしてしまって
なかなかそれ以上に減る気配がありません。
それでも運動だけはサボらずに頑張っているのでリバウンドだけはまぬがれています。

ダイエットをしていてずっと気になっていたことが…

それは…

体重計!

我が家の体重計は10年ほど前にドンキホーテで買った激安型落ちTANITA製体重体脂肪計で確かに体重と体脂肪率を計っているようなのですが私のような下半身デブにやたら体脂肪率が高く出る。そして朝の測定値が異常じゃないかというくらい体脂肪率が高く出る。ただの目安だから目をつぶろうと思ったけどジムで計ると体脂肪率が3%程低い数値が出る。ヨドバシで新しい体組成計に乗ってもほぼ同じ結果…(^_^;)

これは…買いなおしするしかない?( ゚д゚)ハッ!

そこで色々なメーカーの体組成計を検討してみました。
私の希望は

  1. PCと連動できる(出来れば無線LAN又は青葉通信)
  2. 出来たら低価格
  3. 体重計に乗った分だけ記録してくれる

以上の三点。

そこで候補に上がったのは

無線LAN通信できる
WiFi Body Scale WBS01
[tmkm-amazon]B00327A5EE[/tmkm-amazon]
iphoneと連携が取れたりするけど値段がちょっと高すぎる(´;ω;`)

HBF-208ITはUSB通信でオムロン主催のWellnessLinkにデータを転送してくれる。私が現在使っている歩数計もWellnessLink対応モデルなので合わせやすい。しかし機能と値段の釣り合いがイマイチ…
これが無線LAN対応とかiphoneやAndroid対応なら買ってたと思う。
WellnessLink対応体組成計 HBF-208IT
[tmkm-amazon]B00485BIAY[/tmkm-amazon]

これはもう少し技術が進歩するのを待とうかと思っていたとき
こんな商品を見つけた。
東芝 「手元パネル・データ管理CDソフト付き(Windows XP_Vista対応)」体重体組成計 SCF-20
[tmkm-amazon]B0013D4TNC[/tmkm-amazon]

USB通信だけど子機でデータをやり取りするので持ち運びやすい。
量った分だけデータ転送
価格もちょっと古いのでリーズナブル!
これならいい!

というわけで早速注文!

そして無事届きました。(*^_^*)
東芝体重体組成計SCF-20

東芝体重体組成計SCF-20

このご時世なのでとりあえず単四電池が付いてきたのは嬉しい。
これがなくなったらエネループに変える予定。

東芝体重体組成計SCF-20 子機取り付け01

東芝体重体組成計SCF-20 子機取り付け02

そして子機は壁に穴をあけたくなかったのでラックに結束バンドで固定
かなり目線に近い位置に取り付けたので数値を見る時にかがまないでもOKなのが嬉しい。
測定値もさほど気になるほどばらつきもなく安定している。

データ転送するときは子機をラックから外してUSBケーブルにつないで
専用ソフト(付属しているやつではなく公式ページから最新版をダウンロードして使っています。)でデータのやり取りをします。
専用ソフトはデータの印刷やエクセルデータへ書き出しも出来るのでかなり使い勝手が良いです。
ネットの有料サービスは不評だったのか現在新規登録停止中とのこと。

この体組成計を出してから東芝さんは新しいものを出していないので、もしかしたらこの分野から手を引こうとしているのかもしれません。
しかし、私としては電機メーカーの目線でこれからも新しいものを出して欲しいなぁ。

というのも国内の健康機器メーカーはいまいち技術に偏りがあるのかスタンダードなものをあまり作ってくれない。

なぜかキャリア指定の携帯通信とか意味不明すぎ…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA