マウス腱鞘炎 椅子とか肘おきとかも大事の続き

昨日、マウス腱鞘炎 椅子とか肘おきとかも大事という記事を書いたのですが今日はその続きです。

昨日、自宅のPCを使うとマウス腱鞘炎の症状が重くなる原因がもしや肘おきがないせいかも?と思い、相方がもう使っていなかったアームレストを自宅に持ち帰り使ってみることにしました。

アームレストを装着
かなり仰々しくなってしまいました。このアームレストは机の板部分に挟み込んで取り付けるタイプです。自宅のPC机は引き出しなどがないただの板なので取り付けに問題ありませんが、オフィスデスクなど引き出しがあるタイプのPCデスクだと引き出しを外さないと取り付けられないので注意が必要です。

昨晩使用した感想は、やっぱり肘の置く場所があるとすごく楽みたいです。試しにマビノギで遊んでみましたが多少操作時に違和感を覚えましたが疲労度はかなり減ったようです。今まではちょっとの操作(ネットサーフ程度)で手首から肘にかけての筋肉が悲鳴を上げていたので大変うれしい結果です。

今回の結果で自分が腱鞘炎になってしまったのは肩や腕の筋力低下が原因なんだろうなと思い知らされたような気がします。色々マウス腱鞘炎で検索してみると「テニス肘」の対処法がどうやらマウス腱鞘炎にも流用出来るようなのでこちらも少し試してみようかな?

今回使ったアームレストは↓で購入できます。

送料無料 PCデスク用 ひじ置き アームレスト&マウスボードセット EEA-FC200

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA