wowpen joy マウス腱鞘炎でも使えるマウス

仕事場ではマウスの代わりにペンタブを使っているので随分腱鞘炎の症状が出なくなってきました。
しかし自宅では普通のマウスを使用しているので週末家出仕事をしているとあっという間に腱鞘炎再発・・・・・なんてことが日々繰り返されています。

これを打破するには自宅にもペンタブ導入が一番なのですが今回は前々から気になっていたWOWPEN joyという奇妙な形のマウスにチャレンジしてみることにしました。

今回はポイントの都合でamazonで購入。

wowpenjoy
パッケージはすごくちゃちいです。
ドライバはOS標準でいけるらしく英語とハングルの説明書らしきものがついてくるだけでした。実際USB接続するだけで使えました。
(親指ポジションの下にあるボタンは進むと戻るのボタンなのですが、これも特に何もしないで使えました。)

wowpenjoy
見た目は角のあるマウス。
キーボードからマウスに腕を移動するときに手が角にぶつかりますwこれは慣れが必要ですね。

wowpenjoy 握った感じ
握った感じはちょっと大きめなので手の小さい私には大きいかなって思う。
でも普通のマウスを使うより腕が楽に感じます。
またクリックするのにちょっと力が必要なので写真とは違う持ち方にしてみたらいい感じです。
持ち方は右と左に指を二本添える感じに持つといいかも?
とりあえず今日一日の感想は
私がかかっている腱鞘炎にはペンタブが一番楽。WOWPEN-joyは二番手。でもペンタブで腱鞘炎にならないようにいろんなタイプのマウスなどを使うといいかも?ペンタブは高くて・・・・という方は一度WOWPEN-joyを試してみるのもいいかもしれません。手が小さくて握力の弱い女性でも持ち方を少し変えれば問題なく使えますよ♪

またマウスとしての機能評価ですが、クリック感が少し重いですがスクロールは大変スムーズでスクロールボタンのクリックもしやすいです。(タブブラウザだとタブを閉じたりするのに使用することが増えたのでこれはかなりのポイント。)またケーブルも硬すぎず操作の邪魔をしないのが良い。戻る進むボタンは位置が低すぎて使いにくい。
また素材もクリック面はしっとりとして滑りにくいラバー調・親指部分はちょっとざらついたプラスチック(ざらついているけど滑り止め効果はなさそう。)親指面もクリック部分と同じ素材ならもっといい感じだったかも?またカーソルの反応も通常使用なら問題なし(解像度は800dpi)1920×1080の画面でもストレスを感じなかった。

まとめとして
このタイプのマウスが標準になればマウス腱鞘炎になる人が減るんじゃないかな?
そう思えるだけのマウスだと思った。ペンタブやその他のツールに不安がある人はぜひWOWPEN-joyを使ってみて欲しいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA