一昔前の資産を生かしてパソコンを組んでみた

ある日相方が見ていたニュースサイトの記事の一つが妙に気になったその記事のタイトルは「PCI Express+AGP/DDR+DDR2仕様のASRock製マザー「4CoreDual-SATA2」が登場」というもの
我が家には電源が壊れた一台パソコンが余っていたのだが、中に入っているグラボもメモリーもHDDも一昔前のもの・・・・
もしこのパソコンを生き返らせるためには全てを取り替えないと・・・・そんな風に思った。
実際には一台まるまる組むくらいなら安いパソコンを買った方がお得な気がしていたので相方から今度廃棄処分にするよと言われたばかりだった。
そんなときにこの記事と出会った。


この記事に載っているASRock4CoreDual-SATA2を使えば、グラボもメモリーもHDDもそのまま流用できる。
必要なのは壊れている電源とCPUとASRock4CoreDual-SATA2
そこで幾らくらいの予算でリニューアルが出来るのか算出してみた。
とりあえずなるべく低予算で長く使えたらいいなぁというもの以下のものをチョイス
ASRock4CoreDual-SATA2
ASRock4CoreDual-SATA2
Pentium Dual-Core E2160 1.80GHz 1MB LGA775 BOX
KingSilent King5 LW-6400H-5
KingSilent King5 LW-6400H-5
チョイスしたものの予算としてはCPU13000円・ファン6000円・マザボ10000円の丼勘定で30,000円くらい。
これはお手頃だということで先日さっそくTOPプライス・徹底サポート!パソコンショップ TWOTOPさんで購入!
ファンがたまたまセール中だったこともあり予算を下回る27,240円でお買い物出来ましたぁ!
戦利品
motherboard.jpg
fan.jpg
cpu.jpg
これに流用可能なDDR266メモリー256MBと512MB/radeon9200SE AGP/Ultra ATA133 60GBを取り付けOSは余っていたWin2Kをインストールして出来上がり。
途中問題は特になく、強いて言えば我が家のモニターがNECのDFPコネクタをDVI変換コネクターを使用してグラボを通して使っているのですが、どうもradeon9200SEとそのモニターが相性が悪いのか解像度をモニターの解像度を1024×768にしないと映りません。
ただ、この問題は以前からの問題で今回のリニューアルとは関係ない・・・・・
このリニューアルのおかげで家のパソコン環境がとても良くなりました。
巷で変態マザーボードと呼ばれているけど、ちょっと古いパソコンのリニューアルにASRock4CoreDual-SATA2はマジオススメ!

「一昔前の資産を生かしてパソコンを組んでみた」への2件のフィードバック

コメントは停止中です。