バレンタインデーに役立つおすすめの本 2007

そろそろバレンタインデーの季節である。
学生の頃はこの時期になるとワクワクドキドキしたものだが
30過ぎるとそういうことは無くなるが、
相方にチョコをプレゼントして「これ旨い!」と言わせてみたくなる。
相方の好みは千鳥屋のクランチチョコさえあげておけば
「これ旨い!」と言ってくれるのだが
手作りのチョコを一度でもいいから、美味しいと言って欲しいモノである。
そんな私がチョイスした2冊。
ル・コルドン・ブルー ショコラノート―魅惑のチョコレートを召し上がれ
ル・コルドン・ブルー ショコラノート―魅惑のチョコレートを召し上がれ
Chocolat et cacao―テオブロマ土屋公二のチョコレート
Chocolat et cacao―テオブロマ土屋公二のチョコレート
ここの本に載っている必要な材料は楽天のプロフーズさんなどで手に入る。
この2冊は、ほぼプロ仕様です。
全ての技にうっとり。ここまで出来たら最高です。
ここまでのレベルなんて必要ない!という方は、
手作りチョコを作るための本で、これ以下のレベルのものを買うなら
手作りチョコキットにお金を費やした方がいい。
最近のキットはかなり種類も豊富で自分が贈りたいモノであればハンズやロフトで大抵手に入る。
パン、お菓子材料の店クオカ等でも手にはいる。


どうしてもオリジナルで作りたい人には基礎がしっかりしているこの本がオススメです。
とっておきのチョコレートのお菓子
とっておきのチョコレートのお菓子
きちんとわかる、ちゃんと作れる!チョコレートのお菓子の本
きちんとわかる、ちゃんと作れる!チョコレートのお菓子の本
作る気が全くないけどチョコをあげたいという人は
本命ならピエール・エルメのスイーツがオススメ。
オシャレで繊細で恐ろしく美味しいスイーツが手に入る。
今までは買えるところが限られていたのだが、楽天でも買えるようになっていた。
マジで知らなかったのでびっくらした。
さすがに生菓子は無いようだけど、アーモンドチョコ旨いんだよね。