学研 大人の科学シリーズ 真空管ラジオ オンラインショップで3/27から発売開始

大人の科学シリーズの最新刊は真空管3本を使った、本格的な3球真空管ラジオが作れるキットです。リッツ線のループアンテナやバリコンも手作りし、約2時間の組み立て時間(ハンダ付け不用)で自分だけの真空管ラジオができます。オンライン発売は3/27午後9時からですが、限定1万台のみの製造&人気があるシリーズですので早期売れ切れになる可能性が高いので早めに購入しましょう。
特徴
真空管は30年以上前に中国で製造された(1K2、1B2、2P2もしくは3S4)3本を使用します。
006P9Vを5本直列した45Vで駆動。真空管のヒーター用に単2乾電池を1本使用します。(電池別売)。
「ブック型」バリコンを再現。 微妙な調整が可能です。
キットに使用している真空管等の特徴
 真空管は30年以上前に中国で製造されたものを3本使用します。昔のものですが、性能には全く問題がありませんし、一部には軍用で使用されたものも含まれますので、信頼性は抜群です。(真空管表面の印字には様々なものが存在し、これらがランダムに製品にセットされています。)
 これら真空管を、006P9Vを5本直列した45Vで駆動します。さらに、真空管のヒーター用に単2乾電池を1本使用します。(電池別売)
 電池の寿命は毎日1時間ほど使っていただいて20日間くらいです。

学研オンラインショッピング

「学研 大人の科学シリーズ 真空管ラジオ オンラインショップで3/27から発売開始」への6件のフィードバック

コメントは停止中です。